わが家のリフォームで「失敗したなぁー」と思うポイントは、やっぱりフローリングについてですね。とは言え、フローリングの貼り方などではないのですよね。

ましてやフローリングを張り替えたことが、そもそもの失敗だとも思ってはいないのです。

けれども唯一言わせていただけるのでしたら、今回のリフォームではフローリングの色選びに失敗しています。

絨毯敷きの板の間からフローリングへの出世?ですから、リフォーム自体で快適になったとは大いに言えると思うのです。
“フローリングの色選びで失敗したかなリフォーム?” の続きを読む

先日ふと思い立ち、自分の部屋を大掃除しました。

けっこう物で溢れ返っていたので、要らないものを捨てて整理整頓をしよう、ついでに簡単な模様替えも行ってしまおうと思ったのでした。

そうしてまずはザッと掃除機をかけて、その後に部屋中を雑巾がけしてから、読まなくなった本や雑誌、もう使わないであろう小物類や衣類等をひとまとめにしていったのでした。

すると最終的にはゴミ袋二個分ほどの不用品が出てきて、こんなに要らない物が合ったのかと驚くと同時に部屋の中がスッキリとしてきて嬉しくなってしまいました。
“突然思い立って部屋の大掃除をしたら良いことがありました” の続きを読む

私の体験から、リフォームするにあたって注意すべきことを書きたいと思います。

まず、担当者(営業)と密に連絡をとるのが大事です。

あまりしつこく色々言うのも担当者の気分を害するので、あんばいが難しいかもしれませんが、大きなお金を払うものなので、肝心な所は念をおして確認するくらいでちょうどいいと思います。

私は、自分の要望を全て担当者に伝え、担当者も図面にメモをしていたので理解してもらえたと思っていたのですが、ミスがいくつかありました。
“密に連絡をとるのが大事” の続きを読む

家のリフォームは、誰でも考えることだと思います。

しかし、中には失敗をする人もいます。
失敗と言うのは、多くの場合、業者の選定を誤ってしまったことによって起こります。

リフォームは安くはないので、できれば自分がきちんと打ち合わせをし、納得をした上で工事に取り掛かったもらわなければなりません。

打ち合わせが面倒になってしまうと、色んなところをリフォームしたときに、どこをどうしたのか分からなくなりますから、業者任せと言うのはよくありません。
“リフォーム業者は信頼できるところを選ぶことが大事” の続きを読む

全てはやってみないと分からないことばかり、新築なら新しい建具などカタログで見て予想がつきますが、もともとあるものを直すほうが費用も手間もかかることがやってみて分かりました。

建具では、たとえば窓枠や床の縁取り?というのか床と壁の間にある桟、階段まわりなど、25年くらい前に新築した家がそれなりに良い建材を使っていたので、そのまま塗装で色を変えるというイメージチェンジだけになりました。
“中途半端な「やや古い建具」が意外と盲点、L字型システムキッチンのデッドスペース” の続きを読む

一戸建ての家を建ててから、かれこれ20余年になったところでしょうか。

昨年、わが家のリフォーム工事がおこなわれたのですが、今さらですがフローリングの色味は失敗したかも知れませんね…。

フローリングをリフォームした経緯は、フローリングがあまりにも傷だらけ過ぎたからです。仕方のないことなのですが、子どもたちが小さい頃から育った家ですから、フローリングはぼこぼこ傷だらけ状態です。
“フローリングの色を変えてちょっと失敗かも…?” の続きを読む