自分の家は、築20年程度です。

自宅の住宅用の建物を建てた後に、店舗用の建屋を追加する改築を行いました。

店舗は、簡単なカフェレストランを営んでいます。
妻と自分で営業している本当に小さなレストランです。

最初はカフェレストランも営業がうまくいかずずいぶん悩みました。

最近、ようやくお客さんが増えてきて、利益も出てきました。

リフォームする余裕も少し生まれましたので、まず最初に、お客様の目につく、外壁をカラフルにしたいと思いました。

元の色は白でしたので、汚れも目立ってきたのです。

店舗用の建屋を追加してから15年くらいたっていました。

ただ、白以外の、レストランらしい色に塗り替えたいと思っていたのですが、何色にしていいかとても悩みました。

できれば、住宅用の建物も、店舗用の色に合わせて外壁を塗り替えたいと思っていたのです。

住宅と店舗、両方に合うような色にしたいと思いました。
あまり周囲からも浮いてしまわない程度に、おしゃれな色がいいです。

先ずはどの程度の費用が掛かるのかと、相談に乗って頂けそうな業者を探していたら「http://外壁塗装の価格相場.net/」というサイトを見つけました。ネットって便利ですよね。

そこで紹介していただいたリフォーム会社さんにその旨を伝えますと、
自分が思っていたよりもかなり多くの色彩があるという事を教えてくださいました。

そして、塗装したイメージもわかるような、実際に外壁の素材に色を塗ったサンプルのカタログを持ってきてくれました。

10センチ×10センチ位の、外壁素材のサンプルが多く貼り付けてある、立体的なカタログです。

それを頂いて、何日か、妻と一緒に相談しました。

私より妻の方が、感性が豊かでセンスがありますので、お客様が集まりそうな、気に入りそうな色が選べます。

そこで妻は、いくつか色を選びました。
リフォーム業者さんとで相談し、最近一番流行っている色、おすすめの色を教えてもらいました。

そして、薄いベージュの外壁にすることに決めました。
妻も大賛成です。

自分としては、また汚れが目立つのではないかと思いましたが、塗料の種類によって、汚れが付きにくいものを選んでもらいました。

その色に全体を塗り替えると、思っていたよりとてもモダンな、おしゃれなレストランになりました。

夫婦そろって大満足です。
お客様も来店されるたびに、いい色にしたねと褒めてくださいます。

リフォームの価値を知った瞬間でした。

これからリフォームをお考えの方に、私がひとつアドバイスをするとしたら、「リフォーム前と後の雰囲気の統一」を忘れずに行うのが良いと思います。

私の家は、主に水まわりのリフォームをしました。お風呂場や洗面所、台所やトイレといった場所が中心のリフォームです。

リフォームをしたことで、それはそれはとても使いやすい空間となり、家族みんなで喜びました。

ところが、いざ、リフォームが終わると、台所とリビング・ダイニングルームの雰囲気が全く異なってしまいました。
“リフォーム前と後の雰囲気の統一” の続きを読む

わが家のリフォームで「失敗したなぁー」と思うポイントは、やっぱりフローリングについてですね。とは言え、フローリングの貼り方などではないのですよね。

ましてやフローリングを張り替えたことが、そもそもの失敗だとも思ってはいないのです。

けれども唯一言わせていただけるのでしたら、今回のリフォームではフローリングの色選びに失敗しています。

絨毯敷きの板の間からフローリングへの出世?ですから、リフォーム自体で快適になったとは大いに言えると思うのです。
“フローリングの色選びで失敗したかなリフォーム?” の続きを読む

全てはやってみないと分からないことばかり、新築なら新しい建具などカタログで見て予想がつきますが、もともとあるものを直すほうが費用も手間もかかることがやってみて分かりました。

建具では、たとえば窓枠や床の縁取り?というのか床と壁の間にある桟、階段まわりなど、25年くらい前に新築した家がそれなりに良い建材を使っていたので、そのまま塗装で色を変えるというイメージチェンジだけになりました。
“中途半端な「やや古い建具」が意外と盲点、L字型システムキッチンのデッドスペース” の続きを読む

一戸建ての家を建ててから、かれこれ20余年になったところでしょうか。

昨年、わが家のリフォーム工事がおこなわれたのですが、今さらですがフローリングの色味は失敗したかも知れませんね…。

フローリングをリフォームした経緯は、フローリングがあまりにも傷だらけ過ぎたからです。仕方のないことなのですが、子どもたちが小さい頃から育った家ですから、フローリングはぼこぼこ傷だらけ状態です。
“フローリングの色を変えてちょっと失敗かも…?” の続きを読む