リフォーム前と後の雰囲気の統一

これからリフォームをお考えの方に、私がひとつアドバイスをするとしたら、「リフォーム前と後の雰囲気の統一」を忘れずに行うのが良いと思います。

私の家は、主に水まわりのリフォームをしました。お風呂場や洗面所、台所やトイレといった場所が中心のリフォームです。

リフォームをしたことで、それはそれはとても使いやすい空間となり、家族みんなで喜びました。

ところが、いざ、リフォームが終わると、台所とリビング・ダイニングルームの雰囲気が全く異なってしまいました。

リビング・ダイニングルームは昔ながらの「和」の雰囲気が漂っているのですが、新しくできた台所は向かい合うことができるカウンター付きのシステムキッチン。和の雰囲気の中に一箇所だけ「洋」の雰囲気ができてきまい、これは想像していたのと少し違う、となってしまいました。

もちろん、リフォームする前にその辺についても話し合い、「システムキッチンの色合いを和に合う色味の渋いものにしよう。」と話して選んだものだったのですが、思ってた以上に部屋が和すぎて、システムキッチン自体が異様な存在になってしまったのはショックでした。

リフォーム業者との打ち合わせの中で3Dなどでシミュレーションしてもらえるのであれば、ぜひともそうしてもらったほうがいいかと思います。

素敵なリフォームになりますように。