浴室のリフォームで確かに寒さだけは和らいだのですが

築年数の古い住宅で、あちこち不具合はあったのですが、一番困っていたのは浴室でした。

浴槽そのものはユニットバスを入れていたのですが、壁はコンクリートにツルツルのペンキが塗られただけ、床はタイル張りでしたので、冬場は非常に寒く、タイルも冷え切っているので、何かを敷いておかないと足を踏み込めない状態でした。

特に寒い日の朝には、洗面器に残ったお水が凍っている事もありました。

地元の工務店に相談をしてみたところ、壁や床に断熱効果のあるグラスファイバーを吹き付けて、入り口のドアを気密性の高いものに変えれば大丈夫だと言われ、今使っているユニットバスはそのまま使えると言われました。

見積もりを出してもらったところ、何とか予算内でしたのでお願いすることにしました。

ユニットバスを取り外して、床のタイルを剥がし、壁や床にグラスファイバーの吹き付け、
床のタイルを冷たくないというタイルに張り替え、入り口のドアを気密性の高いものと交換して頂きました。

浴室内のリフォームが終わり、元通りにユニットバスを戻そうとしていた時に第一の事件は発生しました。

使っているユニットバスはそのまま使えるという事だったのですが、床の高さが変わったせいか、風呂釜が所定の位置に収まらなくなってしまいました。

本来なら壁に埋め込めるタイプのものだったのですが、どうしても嵌らずに、結局は木枠を作り、無理やり壁に取り付けた形になってしまいました。

お風呂を使うのには問題はないのですが、見栄えは悪いですし、木枠なので腐食も気になります。

確かに床の冷たさや寒さは和らぎましたが、天井に結露が凄まじく、湯船につかっていると天井から冷たい滴が落ちてくるようになってしまいました。

安くはないお金を出してこの結果では、とても満足が出来るリフォームではありませんでした。